素鵞神社 (そがじんじゃ) 特徴:開拓守護・疫病災難除け・学問・恋愛成就
素鵞神社
通称 天王てんのうさま
御祭神名 建速須佐之男命たけはやすさのをのみこと
鎮座地 茨城県小美玉市小川古城1658の1
連絡先 茨城県小美玉市小川古城1658の1
電話番号 0299−58−0846
FAX番号 0299−58−1096
郵便番号 〒311−3423
アクセス方法 鹿島鉄道 常陸小川駅より徒歩15分、常磐道岩間インターより車で約20分
【祭祀】
歳旦祭(1月1日)、節分祭(2月節分)、祈年祭(2月19日春祭)、例大祭(7月20日〜23日園祭)、夏越祓(旧6月晦日芽輪祭)、新嘗祭(11月23日秋祭)、大祓(12月31日)
【由緒・沿革】
 社伝は、亨禄2年橋本源左衛門孫左衛門兄弟が園部川より神像をお掬ひ申し上げたことからはじまります。翌年、領主園部宮内少輔の命により分祭され、陰神(クシイナダヒメノミコト)が城内に、陽神(スサノヲノミコト)が城外に(現在の天聖寺跡下)にそれぞれ鎮座されました。また別当は華蔵院(現在は廃寺)とされ、田方三石が社領とされました。そして、6月4度の祭礼が城内より村中まで盛大に執り行われたそうです。今もその式が残り、園祭に受け継がれております。
 当神社は、初め天王宮(天王さま)と尊称していましたが、皇国に恐れ多いこと、神仏混淆の社号であることを理由に天保年間に、現在の社号に改められました。また、鎮座地も明治2年、旧園部城外曲輪のあった現在地に遷座されました。
 明治3年、小川鎮守となり、同6年村社に列格、同40年には供進指定も受けましたが、戦後は宗教法人としてのみ現在に至っております。しかし、往時より変わらぬ氏子崇敬者の厚い信仰に支えられ、昭和62年より神社庁特別神社として、今も往先も永遠に御神徳を広め続けております。
【神域】
 社領三石は、証文焼失のため没収され、現在は境内地(4,156平方メートル)と仮殿用地(211平方メートル)のみとなりましたが、氏子崇拝者の努力により、よく整備されております。
 現在の社殿は、本殿は明治32年、拝殿は昭和7年(同28年改築)に建てられたものです。また、かつて園部城内に祀られていた陰神は稲田神社として境内に遷座されています。
掲載情報の著作権は提供元に帰属します。本文の無断転用を禁止します。  茨城県神社庁