笠間稲荷神社
(かさまいなりじんじゃ)
特徴:生命の根源をつかさどる「いのち」の根の神様で農業・工業・商業・
     水産業などあらゆる殖産興業の守護神として人々の生活全てに
     ご神徳を与えて下さいます
笠間稲荷神社
通称 胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)紋三郎稲荷(もんざぶろういなり)
御祭神名 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
鎮座地 茨城県笠間市笠間1
連絡先 茨城県笠間市笠間1
電話番号 0296−73−0001
FAX番号 0296−73−0002
郵便番号 〒309−1611
アクセス方法 JR水戸線笠間駅よりバス5分、友部インターチェンジより10分、水戸インターチェンジより20分
ホームページ http://www.kasama.jp/
E−メール info@kasama.or.jp
【由緒沿革】
当社の御創建は、社伝によれば第36代孝徳天皇の御代、白雉2年(651)と伝えられ、1350余年の歴史を有する日本三大稲荷の一つです。鎌倉時代の初代城主笠間時朝以来歴代の城主の信仰が篤く、江戸時代に入っては寛保3年(1743)に時の城主井上正賢が笠間稲荷神社を歴代藩主の祈願所と定めて社地社殿の拡張に努め、延享4年(1747)に入封した牧野貞通は先例によって祈願所と定めて境内地や祭器具等を寄進しています。昔からこの地には胡桃の密林があり、そこに神様がお祀りされていたことから「胡桃下稲荷」とも呼ばれ、また江戸時代の藩主の一族である門三郎が深い信仰心から多くの人々に功徳を施したことによりいつしか当社を「紋三郎稲荷」とも呼ぶようになりました。御本殿は江戸末期の建築で国の重要文化財、境内の藤は樹齢400年に及び県の天然記念物で、美術館もございます。 大寳八幡宮
掲載情報の著作権は提供元に帰属します。本文の無断転用を禁止します。  茨城県神社庁