健田須賀神社
(たけだすがじんじゃ)
特徴:◎厄落し、鬼門除け、健康祈願の神社として有名、夏祭りの神輿渡御、あばれ神輿は圧巻、つむぎの郷屈指の古社
健田須賀神社
通称 天王てんのうさん
御祭神名 武渟川別命たけぬなかわわけのみこと須佐之男命すさのおのみこと
鎮座地 茨城県結城市結城195
連絡先 茨城県結城市結城195
電話番号 0296−32−2956
FAX番号 0296−32−2956
郵便番号 〒307−0001
アクセス方法 JR水戸線結城駅より北東へ約7分
【ご鎮座の由来】
 健田須賀神社は明治3年に健田神社と須賀神社が現在の地に合祀になり健田須賀神社となりました。
 健田神社の創建は大変古く現在の地より2キロ程東南にありました。この地は古代より現在に至るまで、霊峰筑波山を拝するのに素晴らしい地にあり、古代人はここで祭りを行い、日の出から暦を察した場所と考えられます。やがて神社の様相を呈し、結城の国造竹田臣の祖神武渟川別命を祀ったといわれています。日本での最古公式記録集『延喜式』(927)には下総国11社の一つに記されています。以後宝暦14年(1764)小塙乗国寺と習合し明治3年神仏分離により須賀神社と合祀しました。
 須賀神社は結城家初代朝光公が仁治3年(1242)尾張国津島神社よりご神霊を勧請し結城家第一の氏神として手厚くまつられ、結城家はもとより広く民衆に信仰され結城の産土神として崇敬されました。特に康永2年(1343)結城家7代直朝が結城七社を定め結城108郷の総社として盛観を極めました。結城家18代秀康(徳川家康次男)福井移封後も家臣を遣わし崇敬されました。御祭神は須佐之男命を祀り、夏祭りは市中挙げて行われ、神輿担ぎは勇壮で日本一のあばれ神輿として有名です。
明治5年に郷社。昭和5年に県社昇格。
【宝物】
結城家と神社に係わる文書19点(県文化財指定)
徳川歴代将軍よりの御朱印状、獅子頭、木彫狛犬(室町後期、市指定文化財)
大神輿3基常時展示
【祈願】
厄除け、方位除け、交通安全、病気平癒、身体健全、縁結び
【お守り札】
結城紬特製健康守り、旅行安全守り、縁結び守り
神社の名前の通り「健やかに すがすがしく」と言うことから、厄除け、方位除け、健康に御利益あらたかなお守り各種あり。
わらじ、履き物を奉納すると足腰が強くなり健脚になると言われています。
【御祭日】
歳旦祭(1月1日)、合格祈願祭(1月〜3月中毎日)、節分追儺祭(2月3日)、春祭り大々神楽奉納(4月15日)、夏季大祭・大神輿渡御(7月第3週〜第4週)、夏越祭・輪くぐり(7月31日 病気平癒祈願)、秋季例大祭(11月15日 健田祭 七五三成長祈願祭)、月の縁日(毎月1日・15日 月次祭) 健田須賀神社
掲載情報の著作権は提供元に帰属します。本文の無断転用を禁止します。  茨城県神社庁