トップページへ 茨城県神社庁
お伊勢さまとお神札
お神札のまつり方
重ねてまつる場合
横に並べてまつる場合
神棚へのお供えと拝礼
しめなわのつけ方
人生儀礼ミニ知識
ご祈願(ご祈祷)について
神社参拝の作法
手水の使い方
玉串のあげ方
県内神社のご紹介
トップページ



このページのトップへ
お神札のまつり方

 神棚は、目の高さより少し上におまつりし、お神札が南か東に向くのが一般的ですが、間取りによってはおまつりにふさわしい明るく清らかな場所であれば良いでしょう。
 また、神棚のない家庭では、タンスや書棚の上に白い紙を敷き神棚が整うまでおまつりするのも良いでしょう。

重ねてまつる場合 横に並べてまつる場合

お神札について
お伊勢様(神宮大麻、天照大御神のお神札)
氏神神社(鎮守様)、(地元神社)
崇敬神社(祈願をしている神社のお神札)

毎年お正月には、歳神(としがみ)さまがやってきます。正月飾をし、神棚を清め、新しいお神札をおまつりすることによって神さまの力がよみがえり、そのおかげで家族みんながはつらつと生きる力に満ちてくるよみがえりです。すなわち古来より宿る生命の息吹を感じ、躍動する精気を尊び大切にするくり返し、する信仰です。

神棚について
私たちが毎日無事に暮らしてゆけるのは、神さまがお守り下さっているからです。丁重に神棚をおまつりし、神さまの御加護に感謝しましょう。
家族で毎日神棚・御祖先にお参りすることが感謝の心です。

| トップページ | お伊勢さまとお神札 | お神札のまつり方 | 神棚へのお供えと拝礼 | 人生儀礼ミニ知識 | ご祈願について | 神社参拝の作法 | 県内神社のご紹介 |

Copyright (C) Ibarakiken-Jinjacho